雨漏りに火災保険を使うことはできますか

subpage1

急な大雨や台風のときに、家の天井から水がしたたり落ちてくる雨漏りが、最近大変増えてきています。



全国各地で異常気象による大雨や強風、洪水など天候による災害が大変増えており、予測ができない状態なので、被害を受けてしまう家が増えてきているのです。
屋根が風に飛ばされてしまったり、屋根に穴が開いてしまうなどの大きな被害から、屋根の一部がめくれあがって、雨と風が吹き込み、雨漏りがしてくるような被害まで、幅広い規模の被害が、各地で行っているのです。

家を建てたときや購入したときなどに、火災保険に入る人が多く、火災の被害に対する備えをしていると思いますが、細かな補償内容まで覚えている人は少なく、台風などで屋根が壊れてしまったときに、火災保険を確認する人は少ないのですが、風による被害は風災といって、火災保険の補償内容にセットされている場合が多いので、修理をするときには一度確認しておくことがおすすめです。


屋根の損傷が、経年劣化によるものの場合には、補償されませんが、風で屋根がめくれたり、破れたりした場合や瓦が飛ばされたり、割れたりした場合、屋根材にひびが入った場合など風によって引き起こされた被害の場合、修理費用を火災保険が補償してくれるのです。自宅の雨漏りを直すときには、多額の費用が掛かることが多いので、火災保険の適用になるかどうか、保険会社に連絡して、確認してみることがおすすめです。



適用されるケースであっても、申請しなければ保険はおりないので、忘れないようにしましょう。