雨漏り修理をするなら火災保険をチェック

subpage1

家の天井から水が滴っているのを発見したり、天井や壁に水がしみこんだようなしみを見つけたときなど、雨漏りがしているかもしれない時には、すぐに屋根の修理をする必要があります。部屋の中にまで水分がしみこんできているときには、天井裏や屋根裏、壁の内側などの見えない部分に大量の雨が入り込んでいて、耐えきれなくなってから部屋の中にしみこんでくることが多いため、雨漏りを発見した時にはすでに見えない部分に大量の水分が入り込んでいると考えた方が良く、すぐに修理をしないと家の構造体が腐ってしまったり、かびなどが生えて取り返しがつかないほど傷んでしまうことになるからです。



雨漏りを発見した時に、すぐに修理をしないと、見えない部分に含まれている大量の水分が見えない部分の柱や梁などの部材を腐食させてしまったり、劣化が進んだりしてしまうので、雨がやんで雨漏りが止まったからといって、修理を先延ばしにしていると家がどんどん傷んで、気付いたときには、天井や壁、床板などをはがして大規模な修繕をしなければならなくなってしまうことがあります。

場合によっては、建て替えの必要性も出てくるので、気付いたらすぐに修理することがとても重要です。



屋根の損傷が台風や風などによるものであれば、火災保険を使うことができます。



経年劣化で雨漏りがするようになった場合は適用外ですが、多くの火災保険には風災がセットになっているので、自分の家の火災保険の適用を確認してみるとよいでしょう。