まさかの雨漏り!火災保険はおりるの?

subpage1

屋根の雨漏りを修理したところ、修理費用が思いもかけない高額だった!実は、よくあることです。



屋根は普段チェックしにくく、風や雨、台風などで少しずつ損傷を受けていることがあるのです。
そんなとき、火災保険をかけているか、その契約内容はどうなっているのか、確認してみましょう。
火災保険というと、文字通り「火災」のときにおりる保険と思われていますが、実は意外と幅広く対応しているのです。1、火災保険の適用になる場合とは雨漏りが火災保険の適用になるのは、その雨漏りが「風災」の被害である場合です。
風災とは、台風や竜巻など、尋常ではない強さの風力で起こる災害です。
台風や竜巻などのあとに、それが原因で雨漏りがしたと認められれば、適用になる可能性があります。

2、適用にならない場合とは・「風災」が原因ではない場合です。



経年劣化、老朽化による雨漏りなどは対象になりません。


・保険請求が遅くなってしまった場合も、適用になりません。



たとえば、ある年の台風で屋根が損傷した場合でも、それから3年以上経って保険金請求をしても、時間が経ちすぎていると、保険会社としては風災の被害なのか確認することが困難だからです。


・修理費用が規定額以下の場合も、適用になりません。もし、速やかに保険金を請求し、風災による被害と認められる場合でも、修理費用の金額について、20万円以上等と定められているケースが多いものです。その規定額以上の修理費用が発生しなければ、適用にならないのです。いかがでしょうか。損害が発生してから慌てるより、今のうちに火災保険の内容を確認しておきましょう。